ルート配送の仕事

トラック運転手から【ヤンキー】がどんどん減っている話【ガラ悪い?】

あなた
トラック運転手ってヤンキーみたいな人ばかりだよね…

 

こんな風に思っている人は多いですね。

 

確かに、一昔前はトラック運転手はヤンキーっぽい人が多かったです。

 

しかし近年は、ヤンキーっぽい人はどんどん減っていっています。

 

ルート配送マン
特にルート配送ドライバーは、大人しい人の方が多いくらいです。

 

そこで本記事では、トラック運転手からヤンキーが減っている現状について解説します。

 

トラック運転手に転職を考えていて、ヤンキーが多そうで怖いという方はぜひ参考にしてみてください。

 

ルート配送マン
結論から言うと、ヤンキーだと続けにくい仕事になっているからです。

 

トラック運転手からヤンキーが減っている理由3つ

トラック運転手からヤンキーが減っている理由は以下の3つです。

 

ポイント

・コンプライアンスが厳しくなった

・ガラの悪い人は面接に合格できなくなった

・一人の仕事を求めて、未経験からトラック運転手になる人が増えた

1つずつ解説していきます。

 

コンプライアンスが厳しくなった

運送会社のコンプライアンスは、年々厳しくなってきています。

 

特に2013年頃から、運送業と荷主の守るべきルールとして掲げられ、それまで運転手に緩かった部分も厳しくなったようです。

 

大手の荷主では、

輪留めの徹底
私服NG制服着用
車内での喫煙禁止
トラックの装飾禁止

などコンプライアンスが厳しくなったと同時に、その他の決まり事も増えていったと所長は言います。

 

それにより、ガラの悪いヤンキーたちは好き放題できなくなり、辞めてしまったようです。

 

また、コンプライアンスが厳しくなって長時間労働が規制され、いわゆる「長距離で荒稼ぎ」ができなくなって、ガラの悪い人間は減っていきました.。

 

ですので、私の会社や知り合いの会社(大手企業)でヤンキーのような人はほとんど見た事が無いです。

 

ルート配送マン
顔が怖い人はいますけどね(笑)。

 

ヤンキーは入社しても続かない

ヤンキーが減ったとは言っても、大人しいふりをして面接を受け、入社後に本性を現すパターンもあります。

 

とはいえ、そんなヤンキーは入社しても続きません。何かしら問題を起こして辞めていきます

ヤンキーのやらかし

・度重なる速度超過
・事務方や同僚とモメる
・煽り運転などの危険運転

 

などで問題を起こしてすぐに辞めてしまいます。

 

一昔前はヤンキーでも通用したようですが、前述したようにコンプライアンスも厳しくなっているぶん、ヤンキーでは続けられなくなっています。

 

参考までに、長く続いている人の特徴を挙げると……

・バリバリ働くより、のんびり働きたい
人間関係に疲れて、1人で働きたくなった
精神的に弱ってしまい、楽な仕事を求めていた
・休みの日に仕事のことを考えなくていい仕事がしたかった

こんな人が多いです。皆さんヤンキーとは正反対の方ですよ。

 

一人の仕事を求めて、未経験からトラック運転手になる人が増えた

近年の傾向として、私や知り合いの会社の従業員を見ていると、ヤンキーやオラオラ系はほとんど見なくなりました。

 

逆に1人の仕事を求めて入社してくる、業界未経験者が増えています

 

何故、1人の仕事を求めて入社してきたのか聞いてみると

・団体行動が苦手
・デスクワークが合わない
・1人で黙々と作業するのが好き
・上司に気を使いながらの仕事が嫌

 

といった意見が多かったですね。このような考えの方は、確かにルート配送に向いてます。

ルート配送の向き不向きはデカい。向いてる人の特徴5つ【当てはまるなら転職しよう】

あなた僕ってルート配送に向いてるかなぁ? こんな疑問に答えます. ルート配送マン本記事では実際にルート配送で働いて7年目の私が、ルート配送の向き不向きについて解説します。 意外と知らないルート配送に向 ...

続きを見る

 

トラック運転手といえば、金髪で低学歴のヤンキーみたいに思っている人も少なくないでしょうが、実際に転職してみると、普通の会社とそこまで変わりません。

 

むしろ、デスクワークに疲れた大卒の人が転職してくるパターンも多いです。

大卒でルート配送になる人の特徴3つ【意外と多い】

続きを見る

 

というわけで、ヤンキーはどんどん減っています。時代の流れですね。

 

ヤンキーのトラック運転手がいる会社が嫌なら、大企業を選ぼう

ここまで、ヤンキーみたいなトラック運転手はコンプライアンスの面や、時代の変化にともない劇的に減少していると書いてきました。

 

しかし、それでも一定数ヤンキーみたいな人がいるのも確かです。

 

ここまで読んでいる方の中には、トラック運転手、ルート配送に挑戦したいと思っている方が殆どだと思います。

 

そして、大部分の人は「ヤンキーがいる会社は嫌だ!」と思っているでしょう。

 

その場合は、絶対に大手の運送会社を目指してください。大手の会社は、コンプライアンスや会社イメージを重要視しているので、ヤンキーに出会う確率はかなり低いです。

 

逆に小さい会社では、ヤンキーがいる会社がまだまだ多いです。

 

ですので、福利厚生や労働環境のしっかりしている環境で働きたいなら、大手一択と必ず覚えておいてください。

 

ルート配送への転職で失敗しない方法を、「【必見】ルート配送の転職で使うべき転職サイト3選【失敗したくない人向け】」で解説しているので、合わせて見てみてくださいね。

 

ルート配送マン
転職を考えている方には、必ず役に立つはずです。
【必見】ルート配送の転職で使うべき転職サイト3選【失敗したくない人向け】

続きを見る

 

-ルート配送の仕事