ルート配送への転職 ルート配送の仕事

ブラックIT企業からホワイトなルート配送に転職して7年目の私が、このブログで伝えたいこと

この記事を見てくださっているあなたは、会社勤めのサラリーマンでしょうか。

 

そして、なぜこの記事に目がとまったか、それは、

 

・仕事に精神的に疲れて、気楽だと評判のルート配送が気になっている

・前からトラック運転手になりたかったけど、今はサラリーマン..

・IT企業からルート配送?なんで?

 

といった理由があると思います。

 

そんな方へ向けて、

 

・元IT企業のサラリーマンである私が、なぜルート配送に転職したのか

・ルート配送を目指すに辺り、絶対に知っておいて欲しい事

・このブログで何を伝えようとしているのか

以上のことを、本記事でお伝えします。

 

本記事を読めば、ルート配送のトラック運転手になると、どのように人生が変わるのか、

 

過酷なイメージのトラック運転手が、なぜブログを書いているのかがわかります。

 

あなたがルート配送を目指すべきか?」を判断する材料になるよう書いているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

ルート配送に転職したのは、ブラック企業で働いていたから

私が新卒で就職したのは、とあるIT企業でした。

 

どんな会社だったかと言うと、

新卒で就職した企業

・研修ほぼ無し
・残業代は出ない
・ボーナスは年15万円
・怒鳴り声が響くオフィス
・残業は月100時間越えが普通
・休日出勤は当たり前(最高41連勤)

こんな感じ。

 

ルート配送マン
絵に描いたようなブラック企業だったわけですね(笑)

 

「なんでそんな会社に入ったの?」と言われそうですが、面接時は印象がとても良かったんですよ…。

 

頑張ってみたものの、身体もメンタルもボロボロになって2年目で退職に追い込まれました。

 

そんな経験もあって、メンタル的に楽だと評判のルート配送に転職することを決めたんですね。

 

実際にルート配送に転職して7年働いた結果、確かにメンタル的に楽で、それ以外にもメリットが多い仕事だということが分かりました。

 

ルート配送の特徴

・人間関係に悩まない

残業がなく定時で帰れる

・仕事中に上司を気にしなくていい

・仕事のON/OFFがハッキリしている

・仕事内容の割に、給料がそこそこ高い

 

1つずつ解説します。

 

人間関係に悩まない

ルート配送の業務は、大部分が運転なのでほとんど1人です。

 

人間関係に悩みません。

 

嫌いな人がいても、配送に出発すれば顔を合わせることはないですしね。

 

ルート配送マン
スマホで好きな音楽を流しながら、気楽に運転しています。ストレスはゼロです。

 

残業がなく定時で帰れる

定時内で配送が終わるようなルートが組まれているので、基本的に定時で帰れます。

 

残業になるパターンとしては、事故や渋滞に巻き込まれる、荷物を間違える、などがありますね。

 

社内も定時上がりが当たり前な雰囲気なので、無駄に気を使って残ることがありません。

 

ルート配送マン
早く帰って嫁や子供との時間が取れるのはありがたいですね。

 

仕事中に上司を気にしなくていい

サラリーマン時代は上司と性格が合わず、とにかく苦痛でした。

 

ネチネチ嫌味を言われたり、怒鳴られたり…

 

そんな上司の顔色を伺いながら過ごす日々は、まるで自分が奴隷になったかのよう

 

運転手になると、上司と顔を合わせるのは出社時と退社時くらい。

 

仕事中に上司の顔色を、なんて事は一切なくなりました!

 

仕事のON/OFFがハッキリしている

その日の荷物を全て納品すれば1日の仕事は終わりです。

 

その後、仕事の事を考える事は一切ありません

 

IT企業に勤めていた時は、休日も仕事のことを考えて気が休まらなかったり、仕事を持ち帰ってやっていたり…。

 

常に仕事の事を考え、ON/OFFなんてありませんでした。

 

なので、これが一番メンタル的に楽になりましたね。

 

ルート配送マン
家族との時間に、仕事のことを考えなくていいのがとても幸せです。

 

仕事内容の割に、給料がそこそこ高い

仕事の楽さの割に、給料はそこそこもらえます。

 

残業ほぼ無しで、同年代の平均ちょい上くらいなので、満足できる額ですね。

 

ちなみに、40代の先輩に聞いたところ年収600万くらいだそうです(ちょっと見栄を張ってそうですが…笑)。

 

ルート配送の給料はこんな感じ!7年目の年収と賞与を発表【意外と高い?】

あなたルート配送の給料っていくらくらいなんだろ?   そんな疑問に答えます。   本記事ではルート配送業界に転職して7年目になる私の、給料、賞与、年収を公開します。   ...

続きを見る

 

まとめ

私の場合は、前職がブラック企業だったという事もあって、ルート配送はとても楽に感じています。

 

サラリーマンの頃は、仕事は、我慢して我慢して我慢して…やるのが普通だと思ってました。

 

しかし、ルート配送に転職して、私の仕事観は大きく変わりましたね。

 

もし、今の仕事がブラック企業で、身体とメンタルが壊れかけている状態なら、ルート配送に挑戦する価値は十分あると思いますよ。

 

ルート配送に転職してブログを書くことにした理由

1つ目の理由

ここまでの記事の内容としては、私はルート配送に転職して人生が良くなったと書いていきました。

 

しかし、「仕事で悩んでいる人は全員ルート配送に転職するべき」とは思いません。

 

それぞれ性格・環境・価値観が違うし、ルート配送は向き不向きの大きい仕事だからです。

 

だからこそ、ルート配送が気になっている人に対し、分かりやすく仕事内容を伝え、自分で転職の判断ができる場所を作りたいと思いました。

 

しかし、自分が興味を待った際に調べて出てきたのは、長距離や大型トラックの事ばかり。

 

ルート配送の情報はほとんど見つかりませんでした。

 

そこで私は、

・サラリーマンからルート配送に転職し、7年間続けている経験を役立てたい
・ルート配送に興味のある人に、赤裸々な情報を届けたい
・過去の私と同じ様に悩んでいる人の役に立ちたい

 

このように思い、ブログを作ることにしました。

 

仕事の悩みと言うのは、人を自殺に追い込んでしまうほど重たいものです。

 

自分の経験で、仕事に悩む人を誰か1人でも助けられたら、こんなに嬉しいことはありません。

 

これが1つ目の理由です。

 

2つ目の理由

もう1つの理由は、ルート配送に転職して心の余裕が出来たので、「何かに挑戦したい!」と思うようになったからです。

 

ルート配送に転職してから、クライミングに、DIYで家具作りや、小説を読み漁るなど、色々と挑戦するようになりました。

 

ブログもその1つです。

 

ブログなら単なる個人の趣味にとどまらず、自分と同じように困っている人の助けにもなれますしね。

 

ルート配送マン
とてもやりがいある挑戦です!

 

サラリーマンをやっていた頃には、「仕事か寝るか」という状態だったので、挑戦したいと思えるようになった現状にビックリしています。

 

ルート配送に未経験で挑戦したい人に向けた5つの記事

私と同じ様に仕事が苦痛で、ルート配送への転職を考えている方は、以下の5つの事を知った上で決断して下さい。

 

転職で失敗しない方法
・きついと感じるところ
・給料は良いのか悪いのか
・自分の性格は合っているか
・底辺のイメージがあるがどうなのか

 

この5つです。

 

現状が辛すぎると、転職を焦って冷静に判断できない事が多いです。

 

私もそうだったので、良く分かります。

 

 

ですが絶対に後悔しないために、焦る気持ちを抑えてに1つ1つ確認していきましょう。

きついと感じるところ

トラック運転手は運転中1人で、ストレスからの解放や、精神の安定を手に入れる事が出来ます。

 

しかしもちろん楽なことばかりではありません。

 

例えば事故のリスクがあったり、変化のない仕事が苦痛になったり。

 

その辺りは、こちらの記事で詳しく書いていますので、参考にしてみてください。

ルート配送はきつい仕事なのか?7年目の現役が答えます。【実は楽な仕事です】

あなたルート配送ってきつい仕事なのかな?…   こんな疑問に答えます。   ルート配送マン本記事では実際にルート配送で働いて7年目の私が、ルート配送のきつさについて解説します。 & ...

続きを見る

 

 

給料は良いのか悪いのか

転職において、給料面は非常に気になるところ。

 

ルート配送業界では、乗るトラックの大きさや、運ぶ物によって給料が変わってくるのが特徴です。

 

こちらの記事で私の給料を公開しているので、ご覧になってみてください。(※特定が怖いので、バレそうになったら消すかもしれません。)

ルート配送の給料はこんな感じ!7年目の年収と賞与を発表【意外と高い?】

あなたルート配送の給料っていくらくらいなんだろ?   そんな疑問に答えます。   本記事ではルート配送業界に転職して7年目になる私の、給料、賞与、年収を公開します。   ...

続きを見る

 

自分の性格は合っているか

ルート配送は向き不向きがかなり大きい仕事です。

 

向いてる人には天国ですが、向いてない人には地獄

 

向いているかどうかは、あなたの性格がかなり関係してきます。

 

こちらの記事で詳しく書いていますので、気になる方はご覧ください。

ルート配送の向き不向きはデカい。向いてる人の特徴5つ【当てはまるなら転職しよう】

あなた僕ってルート配送に向いてるかなぁ? こんな疑問に答えます. ルート配送マン本記事では実際にルート配送で働いて7年目の私が、ルート配送の向き不向きについて解説します。 意外と知らないルート配送に向 ...

続きを見る

 

底辺のイメージがあるがどうなのか

トラックに乗る仕事は底辺、というイメージを持っている方は多いです。

 

恥ずかしながら私自身、サラリーマン時代はそんな風に考えていました。

 

転職するなら、底辺のイメージがあることのデメリットについても知っておくべきです。

 

詳細はこちらの記事で。

トラックドライバーが底辺と言われる理由3つ【意外と悪くない】

続きを見る

 

転職で失敗しない方法

ルート配送への転職で失敗したくないなら、転職サイトは慎重に選ぶべき。 

 

適当に転職すると、ブラック企業に入社してしまう危険性が高いからです

 

ブラック企業では、残業、休日出勤が当たり前で、残業代も出ません。絶対に避けましょう。

 

ルート配送への転職で失敗しない方法を、「【必見】ルート配送の転職で使うべき転職サイト3選【失敗したくない人向け】」で解説しているので、合わせて見てみてください。

 

【必見】ルート配送の転職で使うべき転職サイト3選【失敗したくない人向け】

続きを見る

 

本記事のまとめ

本記事の内容

・ルート配送に転職した理由

・ルート配送に転職してどうか

・私がブログを始めた理由と挑戦

・ルート配送を目指す人が知っておくべき5つのこと

 

ルート配送は向き不向きは大きいものの、メンタル的に楽な仕事です。

 

もし今の仕事で疲れ切ってしまったなら、転職を考えるのはアリじゃないでしょうか?

 

ルート配送マン
本記事を通して、ルート配送に転職を考えている方の助けに少しでも慣れれば嬉しいです。

 

-ルート配送への転職, ルート配送の仕事